人生は刺激的か? 〜spice of life〜

気づいたこと感じたことなんでも書いてみるブログ

「〇〇世代」というカテゴライズ

世の中は平成も終わり、”令和”を間もなく迎えます。

そんな新しい時代の到来ですが、わたくしは昭和生まれ。

「昭和→平成→令和→〇〇」

うまくいけば4つの元号を経験できそうなohjiです。

 

f:id:ohji-island:20190417012838j:plain

令和。まだ馴染めませんねえ。始まってないしね(4月17日時点)

自分が死ぬときは、

葬式で「4つの時代を生きた人」みたいに紹介されそうで。

なんだかワクワクしますね!!

まあ死んでるから、そんなこと知ったこっちゃないですがね。

その時点では……。

 

そんな人生を送って行くでしょうし、

これからこの国でまだ働いて税金も払うし、子供も育てるし、

それなりに社会に対して貢献する予定なのですが……、

どうも我々の世代は、

お国に馬鹿にされているようにそんな感じなのかもしれません。

グレちゃいそうです。

仕事もイライラしてるのにいいいいい。

 

 

 

 

 

「THE 〇〇世代」

 

 

 

 

色〜color〜

時代には様々な”色”みたいなものがあると思うのですが、

その時代に生まれた人、もしくは育った人たちを「〇〇世代」なんて言い方をしますね。

日本にはこの元号というものが存在しているので、

このカテゴライズが、なんといいましょうか、

日本人はシックリきてしまうのかもしれません。

「あの時代はこうだったよなあ」と懐かしむのはまだいいのですが、

「〇〇世代はまったくよー」みたいな感じで使われるのはいかがなものかと思います。

 

もうすぐ40代に突入しようとしているわたしですが、

若い人たちを見るといいなあと思うところもあり、

それでも自分の世代はいいよなって思うところもある。

各世代にはそれぞれいいところも、そうでないところもありそうな感じです。

それこそが「色」なのだろうと感じます。

 

 

 

どのような種類があるのか

さてそのカテゴリー、どのようなものがあるのでしょうか??

代表的なものを調べてみました。

 

<〇〇世代>

  • 団塊の世代:第1次ベビーブーム。平成19年頃この世代が一斉に退職すると予想され、労働力不足が懸念されました。

 

  • バブル世代:1人当たり、1.46社の求人があったそうです。いい時代なのか??わたくし生まれるちょっと前。

 

  • 氷河期世代:わたくし世代。昭和45年〜58年生まれるくらいの人々。バブル崩壊後求人がやばかった時を味わっている世代。最も低い求人倍率は0.48だったそうです。怖や怖や。

 

  • ゆとり世代:世に言う「ゆとり教育」を受けた世代。主体性がなかったりなんて言われたりする。

 

  • さとり世代:物欲がない??など。いろいろ悟っちゃってるから、諦めがついてるみたいな感じでしょうかね…。

 

↓こちらを参考にさせていただきました。もっとあるようです。

business-textbooks.com

 

 

よく聞くであろう「〇〇世代」と言うやつですね。

いろいろ言われますが、

その世代の人々が社会に出るようになると、

この手のカテゴライズはにぎわいを見せますね。

わたし自身も働き始めてしばらくして、

少し歳下の方達が「ゆとりだ」といわれていたのを体験しています。

 

わたしも少なからずそのような意識を持っていたし、

そう言われてしまうと「まさにその通りだな」って思ってしまうから恐ろしい。

今はもちろん各世代の人と仕事をしますから、

会社の後輩はどのように育てるか?

年上の方にはどのように接して行くか?

いろいろ考え業務に当たるわけです。

 

 

 

「こいつらはこうだ」と言う決めつけ

「この世代だからこうだ!!」ってものすごく言ってる先輩方がいましたが、

それでは、なーーーんにも解決しません。

はじめは面白おかしく聞いていたのです。

自分も言うこともありましたし…(すみません)。

けれども、その人たちと力を出し合って仕事をするわけなので、

そんなことばかり言っていられないのですよね。

個性はもちろんありますが、

どのように戦力にして行くか??ここに意識を集めました。

 

特に職場の後輩を育てられないのは、

自分自身の無能さを露呈しているようなものだ。

そうわたしは考えたからです。

せっかく一緒に働くので、力をつけて頑張って欲しいのです。

おかげでそのように言われていた後輩も、一人前にしたつもりであります。

自画自賛ですが……。

 

 

 

今日はそんな話ではない!!

そんなことはどうでもいいようなよくないようなですが、

本日はどうでもいいのです!!

わたし世代のことです。

「氷河期」→「就職氷河期世代」のことです。

 

これ実は、中学卒業くらいの時先生に言われていました。

「君たちが大人になる頃は、就職が厳しい時期だと思う。……が、頑張れ!!」

バッチリ予測されていました。

自身でそのように感じたことはないですが、

大学の同級生は、確かに気合い入れて就活していたように見えたな。

わたしは、だらだらしてましたけどね。

 

なんだか、

「ゆとり」とか「さとり」より、

「氷河期」ってなんだか、なんだかなって感じですよ。

そんな「氷河期」と呼ばれた人たち、

国からだいぶ心配されているようなのです。

なんだか本当すみません………。

 

 

 

氷河期よ立ち上がりなさいな!!〜国より

日本国、我ら「就職氷河期世代」を対象に、

まともに働いてもらえるよう、具体的な支援策を打ち出すのだそうです!!

blogos.com

 

あ、ありがとうございます!!

読んだところによると、「30代半ば〜40代半ば」の約1,700万人はこの世代に当たり、

今でも無職、非正規雇用である方も多いらしいのですよ!!

ゆとりとかさとりとか比にならんくらいヤバいやん!!

立ち上がろう!!国の力を借りながら……涙

 

 

 

……人生再設計、だと??

しかもここにきて「就職氷河期」世代は名称を変えるそうです!!

その気になる新名称は……………、

 

 

 

 

 

 

 

”人生再設計第一世代”

abematimes.com

 

ぐ、ぐはあああああ!!

 

 

安倍っち、

もういきって、

「キリッ!!」って感じですよ!!

 

「人生再設計」って、もうなんだか、

「今のお前ら全くダメだからさ、もっとしっかりしてよ。国がなんとかするから、乗ってきなよ??ね??」くらい言われてる気がして……、

 

涙でそうです笑笑

 

 

呼吸してすみません……。

生きててすみません……。

 

 

 

立ち上がれ!!俺たち!!

さあ、馬鹿にされるのもこのくらいにいて、

自分の足でたちあがろう!!

それなりに働いてるぞ!!

結婚して子供も育ててる。

国になんぞ言われんでも、なんとかしようと画策しとるわい!!

余計なお世話だ!!

いやあ、衝撃的な世代のカテゴライズ。

名前も二段階だよ!!半端じゃねえ!!

でもおいら、負けないよ!!

でもやっぱ、仕事辞めたいよ!!もう最近辛い……。

 

あ、だからダメだって言われるのか。

なんだかすみませんね…。

 

 

 

最後に1つだけ言わせてください

わたしは

「就職氷河期世代」でもなければ、

「人生再設計第一世代」でもない。

 

誰がなんと言おうと、

 

 

 

 

 

 

 

「松坂世代」だわ!!!!

あ、野球のです。

松坂、頑張ってな!!応援してます!!

 

 

無駄なカテゴライズは、

やる気のある人さえもダメにしてしまう可能性がありますよ!!

個人を大切に。

言われる人も腐ったりしないように。

そんなことばかり言う奴は、その程度の人ですよ!!

 

 

 

がんばろうニッポン!!

しかし、「人生再設計第一世代」ということは、

「第二世代」も準備してるのかい??

安倍っち……。

 

 

 

 

本日はここまで

 

END