人生は刺激的か? 〜spice of life〜

気づいたこと感じたことなんでも書いてみるブログ

オノマトペ

連休最終日(らしい)本日、わたしはお仕事。

今日はお弁当を作ってもらってはなかったのでコンビニへ。

あまりコンビニも行かなくなりましたが最近よくいく店舗へ。

いつも「何食べようかな?」だいぶ悩みます。

結局いそがしいのもあっておにぎりと小さいパンを選びレジへ。

女性の店員さんです。「いらっしゃいませ」から「〇〇円です」の流れ。

特に何もないやりとりです。ですがここでその店員さんに話しかけられます。

「連休もお仕事だったのですか?お忙しかったですか?」と。不意だったもので、びっくり。

「仕事の方が多かったです。忙しかった」と伝えました。

こちらからも「お仕事が多かったのですか?」と質問。渋そうな顔でうなずいていました。

ごめん。コンビニやん。野暮な質問でした。

でもこういうやりとりって、いいな。

何回か対応してくれた店員さんだったので覚えてくれていたのかもしれません。

忙しい中に、ちょっとした清涼感。こういうときのこんなやりとりは際立ちます。

わたしはいつもの通り「ありがとうございます」とコンビニを出ました。

はあ、忙しかった。本日もお疲れ自分!!

そしてみなさまもお疲れ様です!!どうもohjiです!!

 

いいことがあったので、書きたかった。書き出しはそれだけです。

 

 

 

さてここからが、本日書こうかなと思っていたこと。

 

オノマトペ

<目次>

 

 

 

みなさま「オノマトペ」ご存知ですか??

小学生か中学生か、「食感のオノマトペ」というタイトルの話を、教科書で学んだような記憶があります。ネットで調べますと、”自然界の音・声、物事の状態や動きなどを音(おん)で象徴的に表した語。音象徴語。擬音語・擬声語・擬態語など”とありました。学生当時、「オノマトペ」なんて突然言われても、「そりゃなんだね??」と思うことしかできなくて、内容を学び、「なんだ、そういうやつか」と思ったことを覚えています。日常ではなかなか「オノマトペ」という言葉自体は使わないと思うのですが、生活の中にこのオノマトペさんはたくさんいるのですよね。

 

 

 

どんな言葉がそれなのか??

  • 擬音語:動物の鳴き声、機械の音、自然の音など。音を言葉で表したもの。    
  • 擬態語:状態や感情を表したもの。

ザックリいうとこのような感じでありました。

わたしの解釈ではこんな感じ。

引用元:擬声語 - Wikipedia

気になる方はこちらをご覧になってください。

擬音語の例にある、狂言における犬の鳴き声「びよ」が紹介されていましたが、個人的にはこれは結構ヒット。このように昔から使われてきた言葉たちは、ある程度現代の人々の間においてその地位を確立していますよね。例えば、犬の鳴き声なら「わんわん」など、「このパターンならこれだ」と思い描くものがありますし、それを声に出せば、大体の人はわかってしまうくらい日常で使われています。

サイトには数多くの例が掲載されていました。

 

 

 

漫画などを読むとわかりやすいですね

インパクトがある描写のキャラクターの背景に「ドン!!」ってあったり、

ご飯食べてるとき「パクパク」「ボリボリ」いくらでも出てきます。

やはりそれを読むことにより臨場感が出たり、気持ちが高まったりします。

わたし自身ブログを書くようになり、下手なりに文章を書くことも増えましたが、

場合によっては使っている場面もこれまであったのだろうと思います。

文章を上手くなりたいもんです。

 

 

 

ふとしたことからオノマトペを思い出した

それは本日の業務の途中、休憩をしているときでした。

「ブブッ」とケータイがなるわけです。(マナーモードなので)

「誰ぞ??」と見てみますとLINEに通知が入っています。

大学の同級生でした。仲のいい人も、友達少ないわたしなりにいるのですが、

その中で時々連絡を取っている男です。

いつもたわいもないやりをします。

先日はその友から「俺のハゲを見てくれ!!」って言われて、

どうしていいかわからなくなりそうでした。

やりとりはいつもそんなもの。

要は、「生存確認」をしているようなものです。

子供の近況を伝えたり、また遊びに行くわ!!って言ったりしてなかなかんできなかったり。今日もそんなスタートでした。

 

 

 

「ドラクエしてー」

なんだか、文学について真面目に考えていたようなふりをしていた本日。

ここまで読んでくださった方、

「なんか進路変更してないか??」

そう思っていらっしゃることでしょう。

名探偵コナ〇なみの推理力ですよ。まあそうなんです。

これまたなんの流れか、「ドラクエしてー」って話になって、そこからオノマトペなんです。

その証拠を開示しようと思います。

 

 

 

ドラクエシリーズで出てくるあの言葉

これがやりとりの様子です。

やや下品です。もうしわけありません……。

f:id:ohji-island:20190506225635j:plain

どうでもよく、そして今日も平和だと思う。ごめんなさいね。

 

ああ、すみません。くだらないですよ、ほんと。

こんな時に思うのです。

日本は、平和だなってね。

 

このやりとりをする中で、

業務中(まあ休憩中だけれども)にも関わらず、

わたしは「ドラクエ3」のある街を思い出していました。

小学生の頃、アリアハンを旅立ち、

旅の泉でロマリアへいき、

東側の橋を渡り、確か「あばれざる」あたりに追い回され、

なんとかかんとかたどり着いた街「アッサラーム」

ここで待ち受けるは、怪しげな店。

その店のおっさんは言います。

「特に夜はいい!!」

小学生のわたしは「?????」でしたが……。

今はね、ほら、わかることはわかる。

 

この街で言われるのです。

LINEのやりとりにある『ぱふぱふ』

あれ??これって「オノマトペ」??

そう思ってしまったのです!!わたくし!!

(お断り:ぱふぱふは別にされてくないですよ!!)

 

 

 

最強のオノマトペなのではないか

ここで、このドラクエの思い出と同時に、

国語で習った「オノマトペ」がかさなったのです。

「ああ、これが史上最強のオノマトペなんだあ……」

 

ひとって、疲れたり、ぼーっとしているときって、

ほんとどうでもいいこと考えてしまいがち。

そんなに凄いことない。

でもこの言葉を発案した方は、ある意味天才ですな。

鳥山明さんなんだろうか???

 

 

 

ああ、引かないでくださいね……。

言葉にはいろんな種類のものがあり、

先のコンビニをのやりとりのように、ほんのちょっとしたことが人の心を和ませたり、

子供の頃に学んだことが、訳のわからない形で思い出せたりします。

「ペンは剣よりも強し」だったりもしますしね。

これからもアホなことも考えつつ、ブログもぼちぼち続けていこう。

そう思った1日でした。

 

 

 

 

ありがとうございました。

最後まで読んでくださった方ホントすみません。

 

END