人生は刺激的か? 〜spice of life〜

気づいたこと感じたことなんでも書いてみるブログ

ひとをなんだと思っているのだろうと思ったこと

「バカにつけるくすりはない」

 

どこにもこんな奴らはいるもので、もう世の中どうしようもない奴らはばかりなのではないか?

そう思ってしまうほど、くすりの効かない奴らばかりな気がするのだよ。

そんな、「バカ」の代表みたいなやつが、最近の報道を騒がせてくれた。

 

世の中ではなんと言っているのだろう?

「アイドルパワハラ事件」とでも呼んでるのか??

www.huffingtonpost.jp

アイドルグループのメンバーが自死してしまうという痛ましいニュース。

いろいろな記事を見ると、笑顔が可愛らしくて、楽しそうな顔をしているものが多く、夢を叶えるために頑張っているのだろうなと思えるものが多い。

 

 

そんな子が亡くなった。

自ら命を絶ったって……。

 

 

わたしはアイドルに興味がないし、このようなグループが存在していたことも知りません。

あかの他人であるし、知ることもない子だったわけだけれども、

この手のニュースって本当に胸くそ悪くなる。

 

 

裁判を起こしているらしく、原告の訴えは

過重労働、学校より仕事を優先しろというプレッシャー、退職妨害、パワハラなど、事務所側の「精神的な圧迫」が萌景さんの自死をまねいた

ということらしい。

 

16歳の女の子が、こんなことになってしまうって、なんだろうか?

2倍ちょっと生きている、これを書いているおじさまでさえ、

訴えのような”ブラック企業的待遇”は、まだうけたことない。

 

「遠足に行きたい」と会社のバカに相談しても、圧をかけられる。

仮にも、”学生”なわけでしょ??行かせたれよ。

 

確かに「働く」ってことはそんなに甘いことではないのはわかる。

ただ、学校が学生の本分。そこを理解できないうえ、暴言を浴びせる。

この子は大変な気持ちでいただろうなと想像してしまう。

 

 

ケータイのやりとりなど見てしまった日には、これまた胸くそ。

 

 

目先の利益だけを考え、

若い子供の夢を金に変えることだけを考え、

夢を食いつぶす。

 

 

 

ひとをなんだと思っているのだろうか??

 

 

 

利用される側はこれからも増え続け、

利用しやがるバカどもは、今後も何もなかったように生きていく。

 

 

そんな被害者が増えないようにという願いからの、

遺族の訴えのであることは間違いないでしょう。

 

 

 

 

若い子どもたちが、

今回のことに対して目を向けているかはわからないけれど、

命を絶ってはだめだ。

 

身近な人に相談ちゃんとして、できないものはできないでいい。

やめることが、その時の「最善」であって、道はその後も繋がるのだから、

それだけは理解してて欲しい。

大半の親御さんたちは、夢を叶えようとする子どもの味方のはずだから。

クズみたいな大人のいいなりになる必要はないです。

 

 

 

大人は、ちゃんとした大人になれ。

子どもの未来を潰すんじゃない。

 

 

 

 

 

END