人生は刺激的か? 〜spice of life〜

気づいたこと感じたことなんでも書いてみるブログ

仕事中に絶対無理だけど、あることを試してみた(睡眠チャレンジ)

はじめに断っておきたい。

これから書く方法は、基本的に

できないと思う!!

 

f:id:ohji-island:20180809031507p:plain

もうどうにも、眠いよ…。お布団に行きたい……。

 

 

 

日本の社会の中に、

昼ごはん    ➡︎     休憩    ➡︎    昼寝 

という流れは、確立できないだろうか??

 

 

 

暑い日の反動だろうか?

最近、どれだけ寝ても眠い眠い眠い………。

 

ご飯の後なんて、おかしくなるくらい眠くなってしまう。

そんなに満腹になりすぎるほど食べてもいないのに、

睡魔が凄い!!

 

今日は、午前に2時間ほど、午後も2時間ほど、

関係業者さんとの打ち合わせがあり、時間を作っていた。

 

午前は平気で、あーでもないこーでもないと新しい商品の話をして盛り上がり。

あっという間に終了。

 

そこから昼食を急いで終え、スタンバイ。

休憩も取れて、この時点ではなんともなかった。

午後の打ち合わせは、事業部長も一緒にという話だったため、

予定より30分遅れのスタート。

 

午後は、会社の顧客管理システムなどのプレゼンに来るってことで

どれくらいの時間がかかるかな??と思っていた。

部長到着し、聞いてみたらば2時間ほど時間をいただきたいと言うてるって。

 

え??2時間。

ここからかあああああ………。

 

割と他の業務が立て込んでいるいうこともあり、

その点でも長いなと感じたのだが、

それよりも、

睡魔に勝てるか??自分!?

これが、気になった。

 

そして業者さんは到着し、プレゼンが容赦なくスタート。

 

 

始まって、まもなく。

 

 

ああああ、

ああああ、

予定通りだ。

 

というか、予定よりずいぶん早めに

 

睡魔さん到着。

 

昼食後の私の胃が、絶賛消化中。

胃に血液が回りまくり。

脳に行かなすぎ。

早すぎやろ??笑笑

と自分で自分を突っ込みたくなるくらい、早い。

 

コーヒーを用意していたので、それを少しずつ飲むのだが、

効くわけない。

なぜって、

 

もう寝たいから。

 

だが、わたしも30後半の成人男性。

それなりの立場にいるつもりなので、居眠りなんてできるわけない。

 

業者さんには大変失礼だが、

コーヒーに手が伸びまくり。(ほんとすみません。ちゃんと聞いてましたからね。)

 

カフェインのお力をお借りしたい。

その一心で胃に注ぐが、効果はない。

 

そもそも、

コーヒー飲んで眠気が飛んだことなどない。

カフェインの効き目、これ、ほんとなのかな??

カフェインは中枢神経を覚醒させ、疲労や眠気を軽減する。 通常の量であれば学習と記憶に影響し、一般的に反応時間、覚醒、集中、運動コントロールを向上させる。これらの効果を得るために必要な量は個人によりけりであり、体格と耐性に依存する。これら効果は摂取後約1時間で発生し、3-4時間後には半分ほどに低下する。

引用元:Wikipedia

これはウィキですけど、ちゃんと書いてる。

まあ、「これら効果は摂取後約1時間で発生し、3-4時間後には半分ほどに低下する。」とかてあるから、そりゃあ、その場で飲んでも効かんわな……。

そもそもあてにしてもないが……。(みなさまも摂取のしすぎには注意でございます)

 

プレゼンは進み、

同じようなシステムのプレゼンを今回の業者さんの前に2社聞いていたのだが、

今回の方が断然いいし、システムも1番いい。

眠いながらに間違いない!!

 

しっかり聞きたい自分がいるのに、

睡魔と仲が良すぎる自分もいる。

 

ふと目を閉じれば、

違う世界。

ふわーーーーーーーっと、いい気分。

 

あ、あかん!!!

と思い、目を開けようとしている自分は、

高い確率で、

白目の状態のきもい奴だ。

ほんと、業者さんごめん。

 

 

 

 

 

 

 

そんな四苦八苦しているわたしは、ここで1つのことに気づいた。

 

 

なんと、相手方の一緒に来ている方(2人で訪問されていた)も、

話聞いてるようで、白目なのだ!! 

 

 

友がいた。

そこには間違いなく、

睡魔に侵されている、友がいたのだ。

 

しかし、お前が友でも、

一生懸命プレゼンをしてくれているこの人とは関係ない。

なんとかしなくてはならない。

というか、このシステムとてもいいから、ちゃんと聞いておきたい。

わたしは目の前の睡魔とともに戦う、

友のこと(もう1人の業者さんには)はとりあえず放っておいて、

プレゼンの担当者に集中した。

 

だが、今日は何か違う。

ひたすらに眠く、

白目で(たぶん…)

気持ち悪い顔を晒すのが上手くなってしまっている。

 

どうすることが最善なのか??

集中して聞けるのか??

模索していくうちに、

わたしはあらぬ方向に舵を切ってしまう。

 

もう、

思い切って、

寝てしまおう

 

絶対選択してはいけない選択をしてしまう自分がいた。

 

だが真剣だ。

どのように相手にバレず、かつ、

ダイナミックに睡眠が取れるか??

フラフラする脳はそこに集中しだした。

 

 

 

 

答えは思いのほか、早く出て来る。

 

 

 

 

ああ、

そうか、

 

 

 

 

目を開けて寝ればいいのだな!!

 

 

 

 

なんて簡単なんだ。

普段は到底思わないことを考えるあたり、

すでに寝ていたのかもしれない。(寝てたな、これは)

 

普段は実行するのが遅いわたしだが、

今日は速攻!!

ものは試しと、目を開けたまま眠れるかレッツトライ!!

 

 

 

 

結果はどうか??

 

 

 

 

否!!できるわけない!!

 

 

 

 

おそらくこれを試した瞬間の自分の顔は、

この上なくキモかったに違いない。

ほんと、業者さんごめんなさい。

ただ、あなた方の商品は、

三社聞いたうちで1番良かった(ほんまかよ!?)

いや、ちゃんと聞いたから。

部長とも同じ意見だったから。

きっと、大丈夫。

聞くところは聞いているから……。

 

そんなこんなで、本気の2時間ほどプレゼン無事に終了したのであった。

 

帰ってから、ちょっと気になって、

「目を開けたまま眠れるか?」調べてみた。

すると、調べると結構ネットでも出てくる。

 

  • 加齢によるまぶたの周りの筋肉の衰え。
  • まぶたを上に上げる筋肉の緊張。
  • まぶたと、眼球の大きさのアンバランス   …etc

 

だそうだ。

 

ただこれ、

 

やろうと思ってそうなってるわけではない!!

 

のだね。

 

 

ずいぶんアホなことを考えてしまってすみません。

真面目に働きます。

 

 

プレゼンは本当に良くて、

仮にこのシステム入れなくても、

仕事の仕方の参考になることも聞けたのでよかった。

 

 

うん、ほんとだよ。

 

 

説得力ゼロ!!な内容。

 

 

 

気を取り直して、

みなさん、

 

食事

 

睡眠

 

適度な運動

 

 

気にしましょう!!

元気が1番!!ですよ!!

もうちょい暑い日の続きますから、

体調気をつけて

頑張りまっしょい!!

 

そういえば、

なんとなくだが、

プレゼン終わりくらいから、

目が覚めて来たような……。

 

遅れて来たカフェインだったのか???