人生は刺激的か? 〜spice of life〜

気づいたこと感じたことなんでも書いてみるブログ

冬休みの宿題

子供たちの冬休みも終了でして、わたしどもの地域は明日が始業式。

クリスマス、お正月というすてきなイベントを満喫できる、こんなすてきな長期休暇。

成人にもくださいな!!と思っていたら、大変忙しくなってしまい、それどころではなかった。

年中休みたい男ことohjiです。

f:id:ohji-island:20190107003915j:plain

わたしを苦しめる存在でした……。


 

子供の頃の長期の休みといえば、とにかく楽しい。

それくらいしか記憶がないですが、

ここにどうしようもない障害が1つだけ加わるわけです。

 

そう、それは宿題

 

みなさまは、

先に終わらせてまう派?

毎日コツコツ派?

それとも、

最後にまとめてやってしまう派?

どれでしたでしょうか??

 

アルティメットな方は、

やっていかない派

というのもあるのかもしれませんが……。

 

わたしはどうかといえば、

「最後にまとめてやってしまう派」でした。

 

特に夏休み。最後の3日くらいで、ドリルはやるわ、絵は描くわ、感想文は書くわ……。

後ろに母がついて、小突かれながらかつ、泣きながらやっていました。

いやあ、お恥ずかしい。

そして、母ごめんなさい。

「あれほどやっとけと言ったのに!!!」

毎年怒られていました笑

 

 

私どもの頃と、現代の子とはちょっとやることも量も違うでしょうから、一概にはいえませんが、それでも宿題は出るわけです。

 

 

さて、今年小学生となったうちの子はというと……。

 

 

なんということでしょう!!

初めの3日くらいでドリルなどは済ませてしまったというではありませんか!!

まあそれがいいか悪いかはさておき、済ませていました。

父に似ないで、よかったね!!

そこは!!

 

しかもその後、

本屋で計算ドリルなどを追加購入し、それも3冊ほど済ませたのです。

どれだけやる気なんだと思っていましたら、

妻とある約束をしていたらしく、そのため火がついたらしい……。

その約束とは何かといえば、

任天堂スイッチの「ゼルダの伝説」の追加コンテンツを購入してもらえる、という内容。

 

理由はどうあれ、モチベーションが保たれるのはいいのかな??

そんなにゲームばかり買っているわけではいないし。

わたしもゲームするから、そのあたりは寛容なのでいいのです。

形はどうあれ、勉強は頑張っていました。

 

そんな宿題の中に、面白いものがありました。

「正月の遊びを2つやって感想を書く」みたいなもの。

 

ほほう。

そうきたか。

そんなの、自分の小学生の時にあったのだろうか??

と思い出すのですが、覚えてない。

たぶんなかったのではないかな??と思うのですが、どうでしょう??

「生活」という授業からの宿題です。

そもそもその授業がなかったからね、って感じ。(あったか??忘れているだけなのか!?)

 

 

ところで「正月の遊び」ってなんだ??って話ですが、

  • こままわし
  • 凧揚げ
  • かるた
  • すごろく
  • 福笑い

などがあると書いてありました。

それらから2つやるとのこと。

 

でもこれって、

家に道具がなかったらわざわざ準備しないとできないってこと??

「福笑いなんて、家にないやろ??」

そんな屁理屈を頭で思いつつ、やれることをやろうと決めました。

 

幸い、昨年買った凧がありましたから、

わたしとは凧揚げ。

わたしが仕事の時に、隣のおばちゃんからもらっていた「ポケモンかるた」でかるた。

この2つを行い、無事に宿題コンプリート。

すごろくも実は家にあったなあ。

そう思ったら結構できる。

久々の凧揚げは、楽しいし。

 

f:id:ohji-island:20190107003041j:plain
f:id:ohji-island:20190107003050j:plain
思っているよりずっと楽しい。わたしも凧揚げしました。

こういうアナログな、昔ながらの遊びに対して、

子供は意外と素直に、そして思っている以上に楽しんでくれるのでオススメですね。

季節を感じることができるのでさらにいい。

”風物詩”ってやつですねえ。

 

 

面白い宿題もあるのね、と思った冬休みでした。

わたしの休みではないですけどね。

 

 

余談ですが、

「すごろくって、”もも鉄”じゃダメなん??」

と妻に聞いたら、

「そんなのダメやろ??」って即答されて、

もも鉄は買えませんでした。

久々にやりたいな!!もも鉄!!

 

 

宿題頑張れ!!子供たち!!

 

END