人生は刺激的か? 〜spice of life〜

気づいたこと感じたことなんでも書いてみるブログ

参観日参加しよう!! |学習を見るだけの場ではないよ

f:id:ohji-island:20181011221353j:plain


参観日。

懐かしい響きですね。みなさん、参加していますか??

忙しい時間の中、子どもの様子を見ることができる絶好の機会ですね。

先日、息子の参観日に出席しました。その時の話です。

 

ちょっと最近、仕事もプライベートもバタバタ

(仕事はそうでもないか…)でありまして、

口内炎ができては治りの繰り返し。そんな中の参観日。

ちょっとだけ疲れ気味のohjiです。

 

学校によっては、かなり頻繁に参観日を行なっているところもあるらしいですが、息子の小学校は今回で3回目。おそらく各学期に1回のペースかな?ちょっと多いくらいかな?

 

慣れたらなんてことないでしょうが、参観日デビューのお父さん、緊張するのではないでしょうか?? 

 

わたしは、緊張しました。娘が生まれてくるタイミングとの兼ね合いで、初回はわたしがいきましたから。そして、今回で2回目。さすがにもう大丈夫です。

参観日デビューに関してのこと、また、わたしのところの学校の話ですが、どんなことがあったかをまとめてみたいと思います。

 

 

 

 

 

子どもの参観日〜楽しんでいきましょう〜

 

 

まず格好(大したことじゃない笑)

わたしだけだろうか??すごく悩んだのは………。

結論だけ言えば、「私服」でOKです(あたりまりまえか!?)

f:id:ohji-island:20181012002448j:plainこんな格好しなくていいぜ!

 

自分のことを思うと、母が来てくれた時は、ちょっといい格好してくれていたような気がするのだよ。

だから、スーツとかバシッと決めて、かしこまっていかなきゃいけないような気がしてたのですが、結論は「私服」

かしこまって行ったら、誰よりも目立つ存在になっていただろうなあ。それはある意味で、わたし的には「成功」なんだが…。(ちょっと目立ちたい笑)

事務所の先輩お母さんたちに聞いても、「そんな格好してる人いない」って笑われたから、間違いないと思います。

 

ただ、ここは田舎の学校。

都会の素敵なところなら、その限りではないかもしれないので、「田舎補正」がかかっているかもしれませんからお気をつけ。

 


準備したもの

 

これと言ってないですが、

  • スリッパ
  • 筆記用具

くらいでしょうか??あとはお便りの指示に従うのみ。

筆記用具はあったほうがいいと思います。

 


授業開始

 

休み時間が終わり、子どもたちが「わー」っと帰ってきました。その中に息子さん発見。息子さんもわたしを発見。

 

バーっと近づいてきて、いつものノリで抱きつこうとしたのですが、ちょっと躊躇。

やはり「学校」であることがそうさせたのでしょうね。ちょっとお兄ちゃんになったなと感じました。

 

そして授業開始。教室の中でもみれますが、廊下からしっかり見えるところに席がありましたので、その位置から見ました。授業は「道徳」でしたね。

先生が楽しそうに教科書を読むと、子どもたちの笑い声が楽しそうに笑っています。息子も同じように、笑顔で授業を受けています。ほっとひと安心。

他の子とちょっと話をしたりして、随分慣れてきているように見えました。

 

授業は45分。さすが1年生。

集中力は持っていませんでしたね笑

 

そして、なんと

この日は我が息子が日直!!

それに気がついていなくて、帰りの挨拶の時前に立たされていました。

「うわ、なんかやらかしたんかなあ…」って言っていたら、

知り合いのお母さんが、「〇〇くん日直よ」と教えてくれまして安心。

息子の勇姿を見ることができて嬉しい感じ。

ちゃんと仕切ることができてたのでなによりなにより。

いつもとは違う息子が見れたぞ!!

 


不安なことが解消された

 

学校がスタートして約半年ですが、不安だったことがあります。

それは、「まわりの子と馴染めているか?」ということ。

息子以外の大半の子たちは、同じ保育園を出てきていたので仲よさそうだったのです。

息子は、スタート時点での関係性が全くと言っていいほどない状態からのスタートでしたから。

 

そりゃあ、もう不安でした。

 

それを表すように、通い始めの頃は、なんとなく学校行くのがめんどくさそうにしていました。

「これ、大丈夫かいなあ??」これが正直なところでした。

ですが、授業を始める前の、子どもたちの雰囲気や、授業の様子から、きっとこれは大丈夫だなと。……ほんとよかった。

 

そういえばこの参観日の朝、見送る時の「行ってきます」の声は、今になって思えば張りがあったように感じます。

 

……子どもって強いな。というか、成長してるんですねえ。

 


懇談会

 

その後、時間がある保護者さんは懇談会に突入。

この日は、人権啓発のDVDを15分くらい見てからのスタート。

この内容で思うことがあったので、それはまた改めて書こうと思います。

人権啓発と言っていましたが、どちらかというと、「いじめ問題」や「自己肯定感」の話でした。

 

その後、その内容について先生から話があり、いまのクラスの様子や、基本としている指導方針の話、今後の行事予定や連絡事項などがありました。

 

そんなに長い時間ではないですが、平日の昼間だけでいえば、明らかにわたしより子どもたちに触れている先生の声なので、よりリアルな様子が伝わってきました

 

何より、楽しそうに生活ができている様子が感じ取れたので、これまた安心。

 

この時に、色々メモをとって、自宅でパートナーに伝えたり、子ども自身にも「よくがんばってる」と声をかけてあげるのが良いと思いますね。

 


まとめ

 

仕事でなかなか行けない方(お父さん)も多いと思います。

ですが、年間に数回開催される参観日です。

どこかで参加されるのがよいですよ!!

 

有給とって行きましょう!

 

家での子どもたちの話も聞けると思いますが、

指導してくれている先生の話や、何よりも自分の目で見ることができる授業の様子、

子どもたちの様子から、感じ取れることは多々あります。

教育に対する、お父さんの積極的な参加は、とても大切なことです。

(自分の子供の頃の経験上、自分の父のことを思うと余計にそう思う)

 

さらに、一瞬アイドルになれますよ!!
「〇〇くんのおとーさん!??」と、数名のチルドレンに囲まれ、チヤホヤされますから笑

ほんと一瞬ですけどね。

 

まあそれは冗談ですが、

何よりも、自分の息子・娘が、とびきりの笑顔で迎えてくれるはずです(きっと)。

そして嬉しそうに、楽しそうに授業を受けます。

子どもたちは、

お父さん、お母さんに見守られることに、幸福感を覚えるのだ

改めてそう感じました。

しっかり見てあげてくださいませ。

 

 

また参加します。

 

 

 

 

そして恒例、

 

 

 

 

〜今日のスパイス〜
(↑最近まとめが早くなってきたから、ちょっと一言みたいに使っていこう笑)

 

こどもが元気なら、


なんか、しあわせだ。 

f:id:ohji-island:20181011221349p:plain

こんなのも見ることができるしね

写真は全て息子さんの作品でした。

 

 

 

ということで、以上です。
最後までありがとうございました!!

 

END