人生は刺激的か? 〜spice of life〜

気づいたこと感じたことなんでも書いてみるブログ

幸せを感じる一筋の光明

年度末が近づいてまいりまして、何かと忙しい感じです。

今年度は思っていたように、事務所の数字が伸びずでございまして…。

責任を取ってしまわないといけないような感じな感じがしていますohjiです。

 

f:id:ohji-island:20190201224514j:plain

むむむ!!!?

雪が降ります。

皆さん運転気を付けましょう。

 

のんきな気持ちで目の前に出てきた仕事だけをこなして、自分のことだけをしていた時代が懐かしゅうございます。

職場の数字を気にして(と言っても、そんなに厳しく言われないのですが。自分の中で気持ちが悪い)、一緒に働いている従業員の皆さんに、ちょっとでもいい思いをしてほしいという気持ちが、職場の長になった時に心においていることであります。

 

手前味噌かもしれませんが、ほんの少しずつ数字も上向きになってきていたので、今年度はちょっとつらい…。まあね、嘆いていても仕方がないので、残りの月、今年度やってきたことを継続して、4月からやるべき作戦を練っていこうと思います。幸い、今一緒に働いているメンバーは同じ方向を向いて頑張ってくれる方が多い。それは本当に助かる。そんなみんなのためにも、やっぱり嘆いている暇はないようなのであります。加速させていくのであります。

 

そんな年度末。

自分自身のことをつらつら書いてみていますが、

ここ数日、世の中も結構暗いニュースが出回りました。

ニュースを見たり、新聞を読んだりするとちょっと「んんん」と思ってしまう。

人の命に関わることから、

明石市の市長が辞めたりとか……。(やめる必要あるのかね??あれ)

「暴言」吐きたくもなるでしょうよねえ。そこだけを目立つように取り上げるのもちょっと違うでしょうし。仕事進められてなかったくせに、録音して、そんなところだけおおやけにするっていうのも、ほんといやらしいなって思うのですがね。仕事してなかっただけじゃないのかね??って思うのよ。そんな仕事が通るのですね。と、呆れてしまうのですが……。何してんでしょうね??

 

 

と、ぐちぐち言っちゃいましたけど……。

自分の仕事も含めて、

なんだか世の中、モヤっとすることが多い気がいたします。

 

そんなことばかりですと、

なんかいいことないかなーっと思ってしまうのが、やっぱり人間であります。

そうはなかなかないですよ。

 

 

しかし、

ちょとしたハッピーは思わぬタイミングとカタチでやってきますね。

 

 

それは何かと言いますと…。

 

 

先日仕事帰り、息子電話しました。(ハンズフリーでござる)

 

 

 

息子「お父さん、写真送ったから見といて!!」

わたし「運転中だからむり!!後で見るわ!!」

 

 

わざわざ伝えてくるくらいのことですから、よほどだと思ったのですが、

車が止まるタイミングもないですので、結局家について確認することに。

家に入ればわかると思いましたので、携帯は見ずに部屋へ。

 

 

 

 

息子「これーーーーーーー!!」

んんんんん??

なんだろうか??一瞬わかりませんでしたが、よく見てすぐわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それがこちら↓↓

f:id:ohji-island:20190201224615j:plain

「銀なら5枚」なのか!!?長い道のりぞ……。だが嬉しい!!

 なんと銀のエンゼルであります!!やっぱり5枚!!

金ではありませんでしたが、実はわたくし子供の頃「おもちゃの缶詰」が欲しくて、何度か狙っていました。しかしながら、一度も引いたことがありませんでしたのでテンションが少し上がりました。

生で見るエンゼル!!!

金なら鼻地出たかもしれません。今こそ「大人買い」!!

しませんけど……。

 

 

 

こんな些細なことでも人はしあわせな気持ちになれるものです。

暗いことも多い感じでしたが、なんかいい気持ちになれました。

 

 

 

 

前向いてまいりましょうか。

缶詰は、もうちょっと遠いけれどもね……。

「おもちゃの缶詰」もらえた方いらっしゃいますか??

昔より「エンゼル」出現率って甘いのかな??

全然出てこない印象なのですが…。

そんなに買ってないからかもしれませんが。

 

 

 

まあいいや。

エンゼルはたまたまでございました。

でもテンション上がりました。

 

 

さてさて、みなさま、

明日もがんばっていきましょう。

 

 

 

ちなみにこれが、当ブログの100記事目だそうで。

よく続いた。

日々何書いてるかわかりませんが、私なりに頑張ったようです。

読んでくださった方々、ありがとうございます。

今後もぼちぼち頑張ります。

 

 

END