人生は刺激的か? 〜spice of life〜

気づいたこと感じたことなんでも書いてみるブログ

成功体験を増やすために〜かけっこ大作戦のための本〜

 

f:id:ohji-island:20181016224649p:plain

 

本日は、本のご紹介です。

自分用の本ではありません。

 


皆さん、“走ること”好きですか??

 

わたしは2年連続で、マラソン大会に参加し、10キロをなんとか走りきっています。命からがらです。今年は未定です(もう無理かも…)。学生のころは走り回っていましたが、今となってはけっこう覚悟が必要。運動することはいいことで、頭では理解していても、なかなか身体は動かないものです。でも学生時代、10キロなんてはしれてなかったな…。

 


ところで今回は、「わたくし」ではなく、「むすこ」の話。

しかも「長距離」ではなく「短距離」つまり、「かけっこ」の話です。

 

 


保育園時代からそうですが、かけっこ、短距離走というものは必ずつきまとってきますね。運動会しかり、スポーツテストしかり。

 

せっかく走るなら、スーッと、少しでも速く走ってくれたら、どんなに楽しく、気持ちいいことでしょうか!!

 

 

 

こう見えて(見えないが)わたくし、走れる方でした


わたし自身は、けっこう短距離は早い方でして(過去の話)。
小学校の時住んでいた市の大会で2位になったり(これも過去の話)。
久々に走った高校の50mの記録を見られて、陸上部が勧誘に来たり(過去の話)。

 

まあ、わりと速かったのですよ!!
つまり今は走れんですけどね!!

 

 

 

 せっかくなら速く走る息子を見たい


それがあるからというわけではないのですが、息子にも、シャーっと走って欲しい。それを実現したいなというのが、以前からの思いであります。

 

どちらかといえば息子は、あまり運動させてないせいか、走るのがそんなに速くありません。よその子より背がだいぶ高いことも影響してか、身体の動かし方がいまいち上手くない感じもあります。


息子も「速く走るようになりたい!」という気持ちは強くあるため、家の前で2人で練習したりしていました。

 

ただ、わたしもしっかり走り方を習ったこともなく、専門的な知識があるわけでもないため、自分の感覚だけで伝えていたことが多いのです。


「手はこう振る!」「まっすぐ前見て走る!」「足をあげる!」などなど。簡単にしか伝えられません。

 

このままではラチがあかん。
この感覚を上手く伝える手段はないものだろうか??と考えていました。

 

 

 

 そこで本を探しました


なんかいいのないかなー…、って、いろいろあるんよね。これでもか、ってほど。

 

ふむふむと見ている中で、この方の本にたどり着きました。

f:id:ohji-island:20181016224817j:plain

こちらです。

 

DVD付き 為末式かけっこメソッド 子どもの足を速くする!

DVD付き 為末式かけっこメソッド 子どもの足を速くする!

 

これであります。
為末大さんです。
為末大さんといえば、陸上の選手。ハードルをされていた記憶があります。
プロです。速いのです。

 

 

中身を読んで見ましたが、
「感覚的」なことを「理論的」に、かつ、わかりやすく書いてあります。

導入部分で、速く走るために必要な要素を挙げていて、それを実現するためのそれぞれに対応するトレーニング方法を、素人でもわかりやすい言葉で書いてくれています。


しかもDVDつき!!

それと、ポイントをカード状にして、出先に持っていけるようにしてくれている親切さ!!今はスマホできれいに写真が撮れますから、撮影したものを持ち出したらいいかもしれないですね!


そして、表紙の表情も素敵なんだが、


中のイラスト化されている、

為末さんがキュートだわ。

いろんな格好させられています笑

 

これだけお膳立てされているので、速くならないわけがありません!!と、プレッシャーを自分にかけます!!


なんて、そこまでとんでもない問題ではないのですが、せっかくなら成果が出るようにしたいですね。

 

 

 

成功体験を増やし、今後に繋げる


「走ること」というのは、どのスポーツにおいても基本になる行動の1つだと思うんですよね。この本をもとに練習することで、少しでも足が速くなれば息子の中で達成感も生まれるでしょうし、他のスポーツをする際も、この経験は役に立つと信じています。

 

そして、単純に「走るということ」に対する努力をした経験は、今後の人生の中で、なんでも「やればできる」という気持ちにも繋がると思うのです。

 

成功体験の1つとして頑張らせたい、そういう気持ちもあります。

弱冠諦めやすい性格もあるので……。

 

その結果として、これから息子が「これをやりたい!」とやりたいことが決まった時に、何をすればいいかを自分で考え、「あの時も頑張れたから、今回もやれる!!」というふうに、経験が役立てられたらいいなと思っています。

 

 

 

とは言っても、まず当面の目標の立て方は、やはり走ることに対してとし、さらに「前の年の自分を越えよう」ということにしてみます。まずは、誰に対してどうこうではなく、「自分超え」を目指して、一緒に楽しみながら頑張ってみたいと思います。

 


そこを達成できたら、自分より少し速い子を目指して、

ひとりひとり倒させていきたいと思います笑

うまくいくかな??

 

 

 

 

 

ということで、


〜今日のスパイス〜

f:id:ohji-island:20181016230735j:plain

 

 

 

 

 

本日も最後までありがとうございました!!

END