人生は刺激的か? 〜spice of life〜

気づいたこと感じたことなんでも書いてみるブログ

物事の本質を見極める〜熊田曜子さんありがとう〜

f:id:ohji-island:20181107003652p:plain

子育て世代ですから、それらの話題は比較的意識して調べ、読んだりするわけです。このような社会ですから、いろいろな情報があふれています。
仕事の忙しさと体調不良から、ここのところブログからちょっと離れていましたohjiです。「ただいま。はてなブログ。」


100記事??このままいけば楽勝じゃね??」みたいに思ってたら、1度手が止まると止まるもんだ。毎日書くことが義務ではないけれど、ブログは続けたいことの1つなので頑張ります。


さて、そんな話はさておきまして、本日は「物事の本質を見極める」という事について。ちょっと長くなるかも。

 


先ほども書きましたが、昔と違い、何かについて調べたら「あっ!!」という間になんでも調べることができます。ケータイ、タブレット、パソコンなどなど。どこでもなんでも使えます。そんな世の中で「物事の本質」を見極めるという行為は、至難の技になりつつあるのではないかと思うのです。偏った考え方に陥らず、とはいいつつも、人の意見もしっかり聞くことができる男になりたい。そう思ったことを今回は書いて見たいと思います。

 


物事の本質を見極める

 

 

熊田曜子さん

 

なんだかやらかした??そんな内容の書き込みがありましたね。彼女のオフィシャルブログは読んだことなかったですけれど、そんな内容がありましたから、初めてアクセスいたしました。


「おお」


なんか素敵な写真が1番上にあります。ウブなわたしには効き目が強すぎて、話題の内容まで行けるかどうかが心配になってしまいました。この時点で既に、「本質」などという言葉からはだいぶ遠くに離されてしまい、なんといいましょうか、戦わずして負けてしまった、「超☆負け犬の烙印を押されそうな勢いです

危うし危うし。

さあ、気を取り直して、ちょっとセクシーな写真などには目もくれず、話題のブログにたどり着きます。タイトルは「3人育児」とあります。話題になったのは、どうやらこの記事です。

 

 

なぜ話題になったのか??

普段読むことがない方のブログへ行くような内容ってなんのさ??という感じですが。これは、子育てをしているからこそ、気になってしまったことなのかもしれませんし、単純に「熊田さんやっちゃったの??」っていう興味本位も半分くらいはあったかもしれません。なお熊田さんは「くまだまさしさん」ではないことは確認しておきました。


またしても脱線。軌道修正です。なぜ話題になったのか??


みなさんもご存知なのでしょうが、簡潔に話題になっているところだけを書くと、「東京は墨田区にあるという児童館には入れなかった」という内容。ほほほほう、そうですか。入れなかったのねってこれだけなら思います。


ネットニュースのタイトルだけ見てみれば、

  • 自己中だあ!!この野郎!!(対熊田さん)
  • 融通きかんなあ!!この野郎!!(対墨田区)
  • ルール守れよ!!ゴルあああ!!(対熊田さん)
  • 熊田さんのブログが波紋??(対熊田さん)

みたいなことが書いてあります。
それに関連する個人の方(?)のブログも散見されました。(これもそうなるか??)どうやら、児童館には入れなかったことを書いて、それが話題を生み出したようです。芸能人て大変ですねえ。

 

 

わたし個人の読む前の印象

「ああ、またやっちまったのか??熊田さん」
何度も書きますが、これが記事を読む前のわたしの熊田さんへの印象です。なんとなく以前もこのようなことなかったっけ??そんな感じです。懲りないねえくらい思った感じですよね、正直なところ。ネットニュースも熊田さんのブログより先に読んでしまって、さらに「やっちまったのねえ」と感じてしまう始末。賛同と批判が極端に別れているような印象で、同情の声も寄せられる一方、炎上させてブログへのアクセス増やそうなんて感じなんじゃないのー??みたいなこと書いてるのもありました。それを読んだら、わたくしとても素直な成人男性なので、「そんなこったろうとおもったぜえ」って思ってしまうのです。なんなら調子こいて「俺のブログも炎上させて、PV数稼いじゃうぜえええええ」って思ったり思わなかったりするわけです。でも大丈夫!!そんなに注目されているブログじゃないからな!!(涙)書いていて涙が出てしまうぜええ。というのが、わたしの読む前の印象ですよね。もう何がなんやらわからなくなってきたから、次へ行くぜ!!

 

 

実際読んでみた

ということもあって、熊田さんオフィシャルへ足を運んだわけです。そして、話題になったのか内容をチェック。そんなとんでもないことが書いてあるのでしょうか??熊田さんが児童館をディスった的な??そんな感じなんすかね??過去に炎上してしまっている彼女ですから、ちょっと偏ってしまった印象のまま文章を読んでしまいます。

………………。

うんうん。

え??なにか悪いこと書いてるの!?これ??

 

<大筋の内容>

入場のためのルールの確認不足。
   ↓
ちょっとルール無視して入れんか交渉。
   ↓
児童館=ルールはルールなので。
   ↓
もうちょっと粘って交渉
   ↓
やっぱ入場ダメ。お子さん不機嫌になってくる。
   ↓
わたし(熊田さん)のミス。お子さんにゴメンなさい。
今後は事前確認すべきだ。(反省している)
   ↓
高架下の公園でピクニックみたいなことをする
   ↓
お子さんたち笑顔→子供が笑ってくれたらなんでもいい


ダメなの??これ??ダメ!?
わたしが読む限り、なんの問題もなかったように思えます。たぶんわたしのようなものが同じ内容を書いても、こんなことにはもちろんならないわけですが。芸能人て大変ですねえ。

 

どこかに落ち度があったのかな??

これは熊田さん、墨田区双方に何かあったのか??考える必要がありますね。
話の内容はブログでしかわかりませんから、それをあてにするしかないのですが…。
少なくとも…、

 

  • 熊田さんは児童館側を批判してはいない。
  • 熊田さんはそれでも入りたくてちょっと粘った。
  • 熊田さんは事前確認ができていなかったことを反省していた。
  • 児童館はルールを伝えただけ。
  • 熊田さんは高架下でピクニックしてみた。
  • お子さん笑顔で終了。

 

なーんだ、ただ、幸せなだけやん!?
何か、「炎上」めいたことありましたっけ??
わたしにはわからなかったなあ。

 

対岸の火事に薪を焚べ、油を注ぐ人もいる


「大変なことが起きているが、自分には全く関係ない」というのが「対岸の火事」なわけですが、世の中には、この対岸にある火事に対して、あえて薪をくべに行く方もいるわけですねえ。今回のことを思うと、対岸にあるにも関わらず、あえて舟を出し、大量の薪を焚べにいく。この時の薪を持っていてる人は「ふへへへへへへへへへへへえええ」って感じで、すこぶる楽しのでしょう。わたしのような者は、その燃え上がった炎を見て「おお!!よく燃えているから、これを知り合いにも知らせなくてはならない!!」なんていう使命感といいますか、ジャーナリズムといいますか、ただの野次馬魂といいますか、そんなことにかられ、ついつい周りに教えてしまう。元々は「対岸の火事」な訳なので、これまた痛くもかゆくもない。さらに気がつけば、油を注ぎ、なんなら爆薬も投げ込み、散った火の粉をあちこちで炎を上げ、それをまた他の誰かが、痛くもかゆくもない場所からごらんになり、いい散らかす。
ああ、これが現代情報社会の闇。知らないうちに、俺も取り込まれていたわけだ。少なくとも今回の記事に何か悪意があったかといえば、それを感じることはなかったよ。

 

まとめ〜だからこそ、物事の本質を見極める必要がある〜

 

ということで話は初めに戻るのですが、これだけの情報社会です。
偏った印象で、偏った情報で話題になっていることは危険だなってつくづく思いました。
もしかすると、実際には何かひどいやりとりがあったのかもしれませんが、そんなこと書かれていない。よーく内容を吟味して行くことは大変大切なことですな。炎を大きくしたい人も世の中にはたくさんいますからね。それと、ブログって楽しいけれど、「文章」なんですよね。これはブログに限らずですが、SNSというものは基本「文章」が多い訳です。長かろうが短かろうが。その中で、人に読まれていることの意識を忘れず持ってなるべく誤解を生まない表現の仕方も必要だなと感じましたね。もちろん万民に通用するわけではないですが…。まあ、発信には少なからず責任を持っていこう!!今回はわたしも「熊田さんやっちまったな」って読み始めましたけど、こういう「思い込み」もよくないね。この内容の背景に何があって、どうしたのか、何を思ったのか、そして読んだ人自身も何を思うのかをよく考えないと、せっかくの楽しいツールもつまらんものになってしまいますね。

 

楽しくいこうぜ、せっかくなら!!


てことで、


明日も仕事、がんばります。

 

 

 

 

 

 

 

 

よーしよしよし、

 

今日のスパイス!!

f:id:ohji-island:20181107010529j:plain

てねーーー。

 

 

 

 

 

 

最後までありがとうございました!!

END