人生は刺激的か? 〜spice of life〜

気づいたこと感じたことなんでも書いてみるブログ

脇腹の住人と向き合うことにした話 〜その④ ハラキリはコンプラ違反!?ピノコサヨナラ編〜

時が過ぎるのはあっという間。

「光陰矢の如し」とはよく言ったもの。

夏も間もなく終わろうかというところまで季節は進み、

 

 

2018年8月28日、決着の時!!

 

 

 

ここまでシリーズでお伝えしてきた、脇腹の住人と向き合う話。

ohji-island.hatenablog.com

ohji-island.hatenablog.com

ohji-island.hatenablog.com

読んでくださった方もいてありがとうございます。

 

<caution>

※内容後半、取り出された住人の写真が出てきます。(モザイク処理を施しているため見えません)

苦手な方は、お気をつけください。おそらく見えない思いますが…。

 

 

そしていよいよ脇腹の住人との決別の時。

正体がわからなくなってしまい、

現在のところ「腫瘍」という位置づけ。

「粉瘤」だと思い、大したことないと感じていた自分の気持ちを、

前回の診察でこれでもかと、叩き落としてくれた先生。

その先生の執刀で、ついに決別することとなった。

 

 

ちょっと話はそれるが、

この日を迎えるまでに、色々な方に心配をおかけした。

きっとこの文章は読まれないだろうが、そのことをお詫びしておきたい。

 

前回の診察時、摘出できると思っていたため、

事務所のホワイトボードに、他のスタッフが

「〇〇(わたしの名前)ハラキリ」と書いてくれていた。

(ダイナミック告知)

 

おかげさまで事務所を訪れる取引業者様にもしれわたってしまい、

「〇〇さん、どうされたんですか??」

とやたら心配してくださった。

これならいいのだが、

「腹を切るって、なんかやらかしたんですか!?」

という心配もあった。

 

わたしが手術をすることは、なにか…、

”コンプライアンス!!!”的な感じ

になるんか!?

 

そうじゃないんだ。純粋に手術なんだよ。

何も悪いことしてません……。

さまざまな形で心配をしてくださり、ありがとうございました。

結局予定が変わり、28日にハラキリと再度記入され、本日を迎えた次第。

 

 

もうひとつ付け加えると、

この「腫瘍」の正体が、我が事務所内では最終的に

「ピノコ」と呼ばれ始めた。

ブラックジャックのあの子だ。

ピノコ - Wikipedia

 

わたしはあまり詳しくないが、

わたしは以前もこの手の手術をしたことがあって、

できものみたいなものを取り出したと伝えたところ、

ピノコのエピソードに似ているということから、

「ピノコ」と呼ばれるようになった。

わかるかたにはわかるかな??

 

ただ、以前のパーツはもちろん存在しないため、

残念ながら、「わたし版 ピノコ」はこの世に存在することは叶わない。

ごめんね、わたしのピノコ。

 

ていうかさ、そんな可愛いもんではないし……。

そこまでパーツ揃わんしね。

 

 

 

そんな熱い応援を受けて、わたしは先日訪れた病院に着いた。

 

 

まず受付を済ます。

係りの看護師さんが来て、

体温、血圧、脈拍を測られる。

ちょっとわたしは低体温気味なんだが、36.5度あってテンション上がった。

「ちょっと、筋トレ効いてきた??」

なんて1人で思っていたのは、気を紛らわせるためだったのだと思う。

 

 

そこから、7階の手術室へ。

目の前に広がる光景に愕然となる。

てっきり、小さい処置室みたいなところでやるもんだろうと思っていたら、

でかい手術室が12部屋くらいあるところの1室を使用するという。

 

 

🌚「なんか、おおげさなことになってすみません」

つい謝ってしまった。なにせ見てる光景は、ドラマのそれと一緒だ!!

ちょっと切って取るだけのわたしにこのような舞台を用意してくれるなんて。

 

 

だが、それは手術に携わる方々も感じているらしく、

「おおげさですね!!」と認めていた(おいおい)。

でもそうすることが決まりらしい。

そんな中で待たされていたら、否応無しに緊張は高まる。

 

 

そして執刀医到着。

したと思ったら、

Dr.「トイレ行っていいですか??」

f:id:ohji-island:20180828190035j:plain

高度な技術がないため手描き。しかも直撮り。かつ下手。ドクターすまん。

 

千鳥のノブさん風につっこむと、

「すませとけえええええ」と思ったが、

もちろん何も言わず、指示通り手術用ベッドに横たわる。

 

 

戻ってきたら、雑談しながら準備。

こちらにも話しかけてくる。

それくらいがいい。

なんなら、始まらなくてもいい。うん、それがいい。

 

 

って思ってたら、

「じゃあ、はじめまーす」

もう軽い!!

だが、それがいい。

 

 

かくして手術スタート。

以下行程と、先生とのやりとり。

 

 

まず、麻酔。

おそらくその前段階の麻酔を使う。

 

 

Dr.「チクチクしまーす」ほんとにチクチクする。

Dr.「ここから本番の麻酔です」これはちょっと痛い。

Dr.「これ今さしてますけど、痛いですか??」

 

 

……痛くない、と思う。このテストを数回。全く痛くなくなった。

 

 

🌚「すげえです。先生!!」わたしだけ感動。

Dr.「麻酔効いてるので、切りますねえ」テンポ早い。感動無視。 Dr.「メス」

 

 

ああ、聞いたことのあるセリフ。

 

 

🌚「切ってるんですか??」

Dr.「切ってますよー。血も出てますよー笑」

 

 

なぜ笑う??ドクターーーーー!!

ああ、すぐ終わりそうだ。

と思うが、なかなか終わらない。

 

 

Dr.「なかなか見えないなー、ごにょごにょ……、もうちょっと切ろうか」

🌚「…………。」

 

 

声にならない声が出そうになるが、わたしも38歳。堪える。

そうこうしていると、

どうやら長年住み続けていた住人が「こんにちわ」したらしい。

そう思った瞬間!!

 

 

グイグイ!!

🌚「!?!?!?!?!?」

 

 

心の中で警戒警報が鳴り響く!!

これは、やばい方のやつや!!

なんか、腹の皮のしたの膜みたいなのを引っ張ってるような力がかかる!!

f:id:ohji-island:20180828190041j:plain

これが「グイグイ事件」の全貌。おわかりいただけるだろうか?

絵が下手ですみませぬ…………。

 

 

🌚「せ、先生、今あいつ引っ張ってます???」

Dr.「ええ、引っ張ってます(力一杯)!!」

 

 

伝わるわー!!その引っ張り、伝わるわー!!

もう感じまくり。気絶しそう。イキそう……。

そして、引っ張るだけ引っ張ったら、

今度は”チョキチョキ”音。

生々しい音が聞こえる。

 

 

🌚「せ、先生、もしかしてやつを切り離してます??」

Dr.「ええ!!(絶賛)切り離し中です!!」

 

 

チョキチョキより、

ヂョキヂョキ”が近い。(ひいいぃぃ)

そうこうするうちに切り離し成功。

ああ、ピノコ!!

さようなら。

切り離しが終わるともちろん縫合が待っているがその前に、

”ジュウジュウ”音が聞こえてきた。

 

 

🌚「せんせいいいぃぃぃぃ、焼肉してます!??」

Dr.「ええ、止血してます。匂いますかあ??」

 

 

におわなかたけど、焼肉サウンドが耳から離れない。

ジュジュジュジュジュジュウウウ…………。 

 

 

以上の行程を駆け抜ける間、

わたしは必死に現実逃避をしていた。

 

 

この夏が暑かったことを思い出し、

夏なのに海に1度も行けなかったことを悔やみ、

帰省も台風のためお釈迦になり、

夏らしくない夏だったなと思いながら、

なんでここで、こんなことしてるんだと神を呪いつつ、

井上陽水さんの「少年時代」と、

森山直太朗さんの「夏の終わり」を頭でひたすら歌い続けた。

なんていい歌なんだろう。

ohji-island.hatenablog.com

そうしてわたしはやり切ったのだ。

わたしはついに、ピノコと決別してしまった。

いなくなったらなったで寂しい。

脇腹をさわれば、いつもあいつがいたのにもういなくなったのだ。

ドラマで言えば、「相棒」だろうか??

 

 

「官房長ーーーーー!!」古いな……。

あぁぁ…、

ピノコやん………。

 

そして先生に見せてもらった。

モザイク!!

f:id:ohji-island:20180828180919j:plain

追い出された”ピノコ” 可哀想ですが、モザイク処理をしています。

 

 

 

術後の処置はというと、

 

  • まず、当日は風呂に入らない。
  • 翌日以降も湯船はNG。シャワーで済ます。(湯船は雑菌祭)
  • シャワー後、患部をよく拭き消毒。
  • 軟膏塗ってガーゼを貼る。
  • 処方の抗生剤を飲む。
  • 痛くなったらロキソニン

 

以上である。

もちろん徹底して守る(こわいから)。

傷口を見たらば、黒い糸がニョキニョキ出ていた。

 

 

かかった費用は15,000円くらい。(薬代、病理検査代込み)

これで安心が買えるなら、安いものだ。

 

 

 

 

 

ただわたしはかけがえないのない存在を失った。

 

 

 

 

ピノコよ、good-by  Forever😭

 

 

 

 

 

後は抜糸と検査結果待ち。

また改めてご報告することとする。

 

 

 

 

精神的に疲れましたが、

手術は、なんなく終了。

 

 

ほっとして、有給いただいた。

病院にはパン屋が併設。

ごきげんでパンとコーヒーを購入。うまし。

f:id:ohji-island:20180828180924j:plain

最近の病院て、おしゃれやなー。

 

 

 

最後までありがとうございました!!

あー、つかれた🌚

みなさんも気になることは早めの受診であります!! 

 

 

次回「THE  END」