人生は刺激的か? 〜spice of life〜

気づいたこと感じたことなんでも書いてみるブログ

国家試験の結果を自己採点していた時の話

こんばんは、みなさま!

遅れてきた「西郷どん」フィーバーと並行して

もう1つフィーバーしていることがあるのですが

お伝えしてもよろしいですか??

 

あ!ありがとうございます!!

 

もう1つのフィーバー、それは「井之頭五郎」改め、「孤独のグルメ」のドラマであります。

夜な夜な鑑賞し、ものすごく半端な時間に腹が減ってしまう。そんな3月を過ごしています。

 

40歳を目前にして、

この番組のおかげで「偏食をやめて、いろいろ食べてみよう」とトライし始めたohjiです。

全てにおいて遅咲き。ここはひとつ、大器晩成型と、そうお呼びください。

 

しかし、孤独のグルメ、ほんと美味しそう。

そしてもうひとついい影響。

どこでご飯を食べる時も自然と「いただきます」「ごちそうさま」を言うようになりました。

食べられることへの感謝、大切ですね。

 

 

 

さて、本日の本編。

先日、試験を受けた話を書かせていただきました。 

www.ohji-island.com

結果は言わずもがな。

もっと勉強しなはれ、と言う始末だったわけですが…。

 

その結果を自己採点いている時、

並行して小学1年生の息子と、小数の計算について話をしていました。

なぜそんな話になったかと言いますと、

わたしが息子に、

「30問中、60%正解で合格なんよねえ。さて、何問合っていたら合格でしょう?」

てな話から始まったのです。

 

f:id:ohji-island:20190307221947j:plain

こんな感じで問題の裏に書きまくりです

30問中の60%なので、30問×0.6=18問

 

これで答えの数字は出ます。

小学1年生は掛け算も小数も習っていませんが、そろばんを習っているおかげで掛け算はほぼ覚えてしまっています。小数の概念が頭にはなかったため、その点をを話し、何パターンか練習をして、なんとなくわかっているようでした。

 

もちろん、話のついででやっていたことですし、今後学習しますので「ここで完璧にしなさい!!」とかそう言う話ではないのです。興味があるときに話してあげて「そう言えばそんなこと言っていたな」となってくれたら儲けもの。個人的には、こういうやりとりが普段の学習につながると思っています。

 

この計算が終わった後も、息子は1人もじもじと何かを書いたり、「この時はこうだよね??」と質問してきました。やはり興味があるときに相手をしてあげることは効果的だと思います。テレビを見ながらでしたが相手をしていました。

 

するとしばらくして、

そのやりとりをしていた紙(今回の試験の問題用紙笑笑)いっぱいに文字が書かれていました。

そして息子は、とある結論を独自に計算して私に示してみせたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それがこちら!!

f:id:ohji-island:20190307221953j:plain

ぐはああああ!!!!


 

息子「お父さん、11問正解だから失格やな!!」

 

 

 

わたし「……………………。」

 

 

 

 

 

はいそうですね( ´_ゝ`)

はいそうです。

 

 

言われた結論は辛辣なものでしたが(まあ、事実だしいいんですけれど)、

その下に小さな文字で「おしい」と見えるは、

息子なりの優しさでしょうか??

大して惜しくないっていう笑

 

 

今回の計算の答えは、

わたしの試験結果が「失格」という結論まで導いてくれたようです。

わかってるやん!!息子!!

それ正解!!

 

 

 

でもね、

「失格」ってなんか重たいから、

「不合格」って言ってちょ!!

なんか不正したみたいだわ!!笑

 

 

 

子供達は成長どんどんしますね。

大人も頑張ります!!

 

 

これから何かしら試験がある方、

頑張ってくださいね!!

 

 

ありがとうございました。

 

END