人生は刺激的か? 〜spice of life〜

気づいたこと感じたことなんでも書いてみるブログ

いざという時のために

西日本の大雨による災害で、防災への意識があらためて高まったという人も多いのではないでしょうか??

 

自分に近い場所での災害だから意識するのだろう、

そう言われれば確かにそうですが、

このような機会だからこそ、真剣に考えるべきだと思いますし、

この経験を、次の「まさか」の事態に活かさなければ意味がありませんね。

 

ところで、こんなツイートがあったそうです。

カンニングの竹山さんですね。

 

自分から離れた地域のことはやはりピンとこない。

これは、もしかしたらしかたないかもしれないです。残念ながら…。

 

しかし、どうでしょう??

天気は基本的に西から東にうつりゆくもの。

 

被災の現場となった西日本は、地方のテレビ局で情報を流していたと思いますが、

これだけの被害をもたらした雲が、次のエリアへいく。

被害はさらに広範囲におよぶかもしれませんね。

 

「この雨はやばいぞ」

「降ってきたらどうしよう?」

 

この意識を植え付けることができたかもしれません。

何も起きなかったとしてもですね。

 

もしかするとテレビなどのメディアは、

例えば、「命の危険のある人が救われた」とか、

あるいは、悲しいですが、「亡くなってしまった人が見つかった」とか、

 

そんな究極の局面だけに焦点をあて、

これから起こることの重大さや、

現地の人が取るべき行動、

救助・援助をする人々への注意喚起など、

 

その災害が快方へ向かうようなアドバイスは、

もしかしたら少ないのかもしれません。

 

「各地に同じように川が流れ、山があるわけですから…」というようなことを、

 

竹山さん、こうもおっしゃっていたようです。

 

今被災している人のことはあまり報道しないし、

次の地域が被害を受けるかもしれない。

というようのことを。

 

まあここで、テレビの批判をするつもりなどないわけです。

 

被災地に近いところにいるわけなので、

地方のテレビはこの内容をよくしています。(あとACこういう時やっぱ増える??)

 

そうは言っても、誰もが「自分にかぎって」と思うところでしょう。

 

無関心をなくす。

経験を活かす。

そして、被害を少なくしていく。

そうなればいいですね。

命がなくなれば何もできませんから。

 

 

そんな中、今朝のテレビ。(ちゃんと使える情報ももちろんある)

ある家族の避難の状況を公開していましたが、

一歩間違えば逃げることができなかったのではないかな?と思う内容でした。

 

「自分は大丈夫」

 

その考えのもと、その人はなかなか避難しようとしません。

今回の雨に関しては、早くから避難を促すアナウンスは始まっていたようです。

実際、fケータイのアラームもよくなっていたように思えます。

 

これを

「個人の責任」

といえば一言ですみますが、

正しい知識があれば、すみやかに避難していたかもしれません。

 

そこで、わたしもそこまで正しい知識があるわけでもないので、

まずは、今回のような状況におちいったときの行動を、

正しく取れるように、調べて見たいと思います。

 

 

 

 

いざという時のために

 

避難勧告の判断と伝達

  平成28年台風第10号による水害では、死者・行方不明者27人が発生する等、東北・北海道の各地で甚大な被害が発生しました。とりわけ、岩手県岩泉町では、グループホームが被災し、入所者9名が全員亡くなる等、高齢者の被災が相次ぎました。
 「避難準備情報」の名称については、本水害では、高齢者施設において、適切な避難行動がとられなかったことを重く受けとめ、高齢者等が避難を開始する段階であるということを明確にするため、「避難準備情報」を「避難準備・高齢者等避難開始」に名称変更することといたしました。

引用:

避難勧告等に関するガイドラインの改定(平成29年1月31日) : 防災情報のページ - 内閣府

 とあります。図もありましたので、拝借します。

 

f:id:ohji-island:20180711005729p:plainこれは、平成28年の水害を受け、名称を変えてようです。

確かにご高齢の方は移動にも時間が必要。

いち早く情報が入るのがこの項目になるようです。

順番としては、

  1. 避難準備・高齢者等避難開始
  2. 避難勧告
  3. 避難指示(緊急)

ですね。

たしか、今回のケータイへの情報も、わたしのエリアで来ていた最初の内容は、

「1」の内容になっていました。

高齢者「等」となっていますから、からだの不自由な方、けが・病気の方なども

優先的に避難を始めるべきタイミングとなるでしょう。

 

適宜適切な避難を行う

「自然災害に対しては、自らの判断で避難行動をとることが原則」とあります。
起こりうる災害種別に対応した区域を示して避難勧告等を発令がなされるようです。
自分の住むエリア、職場、お子さんであれば学校の付近に危険があるのか、避難場所はどこか?

これを普段から確認し、どのような行動をとるかを普段から考えておくことが大切。

                                          f:id:ohji-island:20180711011630p:plainこんな感じでしょうか??

 

家族みんなで話し合って、共通認識を持っておくことが

いざという時の力になると、わたしは思います。

 

いざという時に備えてのステップ

  1. 自宅や学校・職場には、どのような危険があるのか確認。
  2. お住まいの市町村から発令される避難情報について確認。
  3. もしもの時に備えて考えておく。

 

1に関しては、自治体が出しているハザードマップを使うのがいいです。

わたしもあんまり意識したことない。反省します。

 

また、 

f:id:ohji-island:20180711012518j:plain⬅︎こんなの見たことありますよね??

 

東北の震災以来、この表示はけっこう気にするようになりましたが、

浸水に対しても、低い土地を見分けることができるから役に立つかもしれません。

やはり普段から意識しておくことが大切ですね。

 

2は、先ほどの避難に関する指示に、はやめはやめに従うことでしょう。

先ほども書きましたが、高齢者、からだが弱っている方優先に。

 

3は、内閣府のホームページに例もありましたが、

避難場所までの距離があると判断したときのことも考えたほうがよいようです。

そのときの判断が必要になりますが、

水かさが増しても逃げられるような、かつ、流されないであろう建物に身をよせる。

より安全だ、と思う建物を探すことが重要になります。

 

 

以上、内閣府の力をかりて、いざという時のことを、

とりあえずそのような状況が起こってときの第一に取るべき行動と、

普段からの備え、考え方をまとめて見ました。

 

内閣府ホームページも、再確認してください⬇︎⬇︎

避難勧告等に関するガイドラインの改定(平成29年1月31日) : 防災情報のページ - 内閣府

 

「こんなの、あたりまえじゃないの??」

もしかしたらそう思う方も多いでしょう。

ですが、

「自分に限ってそんな被害にはあわない」

と思っている方が存在していることも事実だと思います。

かくいうわたしもそうでしたから。

 

日本は災害が多い国です。

少しでも被害を減らすためには、

 

普段から

当事者意識を持つことと、

準備をおこたらないこと、

いざという時の判断と迅速な行動、

 

心がけたいと思います。

 

 

1人でも多くの方の

考える機会となれば幸いです。

 

 

本日もご覧くださいまして、

ありがとうございました。