人生は刺激的か? 〜spice of life〜

気づいたこと感じたことなんでも書いてみるブログ

星に願うのを忘れました

今週のお題「星に願いを」

 

願うどころではなかった、2018年の七夕。

西日本は数十年に一度といわれる大雨の被害を受け、

たくさんの方が犠牲になっています。

 

わたしの地域は、被害からはまぬがれたものの、

近い地域や、知り合いの状況を聞くと、

あらためてとんでもない被害であることがわかってきました。

 

救助、復興に向けて、

まずは専門家の方の力を借りて作業が進んでいるようですが、

被害の大きさになかなか前に進みにくいようです。

 

スマホの普及により、以前より手軽に情報が手に入れられる時代にあって、

SNSという情報獲得のツールを当たり前に多くの人が使えるこの時代で、

被災された方、支援しようとする方双方、この力を使わない手はないと思います。

 

わたし自身、やはり状況が気になったため、

大雨が降っている最中は、ツイッターなどをしきりにチェックし、

現地の生の様子、これから向かう場所の状況を確認する。

これほど便利なものはないと今回感じました。

 

ただ、この便利さも使い方を間違えれば、

いいことにはならないのも事実。

 

本日も盗みに入るものが出た、など根拠のない情報も流れたようです。

現地ではそのような事実は確認されていないと、

午後くらいには発信されていました。

twitter.com

 

何が本当で、そうでないのか?

困っている人たちを困惑させるようなことは、

ほんとにするべきではないですよね。

 

また、個人単位で救援物資を運んでくる方もいたようです。

救助の妨げになるような場所へ置いて帰るのは、かえって迷惑になる。

倉敷市からは公式で、個人の救援物資は受けることができないと発表がありました。

 

 

先の震災でも、同じようなことがあったようです。

経験を活かすことが大切でしょう。

協力できることはできるだけしたい。この気持ちは大切ですが、

これもまた、情報をよく確認して段階を追ってできることを協力していくこと。

これが大切なのですね。

 

先日も書いたのですが、

「まさか自分が」という気持ちは、自分自身に少なからずあったかもしれません。

「まさかここまで…」いまはこの気持ちしかありません。

 

https://blog.hatena.ne.jp/ohji-island/ohji-island.hatenablog.com/edit?entry=10257846132599398862

 

浸水した場所は水が少しずつ引いていき、

救助、復旧はこれからが本格化すると思います。

 

自然の力はすさまじい爪痕を残していきました。

時間がかかると思いますが前に進むしかない。

 

多くの情報から正しいものを見分け、協力できることをできる範囲で行う。

こちら側できることはこれしかないです。

こんな時だからこそ冷静に、様々な形の最大限の協力を行いたい。

そう思います。

 

現地の方、大変だと思います。

少しずつ協力の手が届くと思います。

希望を持って、もう少し待ってください。

 

今年の七夕は願うのを忘れました。

 

今日は晴れてるから、

今さら願いが叶うならば…、

少しでも早い復興を。

亡くなられた方に祈りを。

 

きれいごとかもしれませんがいまはこれしかできない。

できることをやって行きたいと思います。

現地で協力してもいいという状況まで落ち着いたら、

手伝いに行こう。